一人で悩むべからず

弁護士上記を読んで、どのように感じたでしょうか。多くの人は、そんな仕組みになっていたのかと、納得しているかと思われます。つまり、一般の人で債務整理に詳しいケースというのは、そう多くないのです。そこへきて個人で何とかしようと考えても、精神的負担は一層大きくなってくることでしょう。

とにかく、借金問題は一人で悩まないようにしてください。一人で考え込んでしまうと、考えは何かと悪い方向にいってしまいがちです。それこそ、法外な手段に手を出そうとさえしてしまうかもしれません。

身近な頼れる存在としては、弁護士が挙げられます。法律の専門家でありながら、市民の助けになることこそが本分であるため、親身に相談に乗ってくれることでしょう。もちろん、債務整理の種類や特徴はわきまえているに違いありません。借金の問題に悩んでいる現状を包み隠さず話して、適格なアドバイスをもらってください。

相談費用が心配な場合でも、安心してください。弁護士が窓口としている事務所の多くでは、無料相談サービスをおこなっています。さらに依頼料も、着手金以外は成功報酬の形としているところが少なくありません。案外、気軽に検討できる存在となっています。進んで、頼ってみてはいかがでしょう。

<参考記事>
任意整理という選択肢
負担の大きさで選ぶ
債務整理の種類

任意整理という選択肢

お金個人再生における大きな負担として、裁判の必要性が挙げられるでしょう。裁判を経るとなると、書類準備の手間は去ることながら、精神的負担、さらには世間体までもが気になってくるのではないでしょうか。専門性の高い、気軽には利用しにくい判断かと思われます。

その点、手軽に感じられるのが、任意整理です。裁判所を通す手続きでないため、精神的負担が軽い手法となっています。具体的な流れとしては、借金業者との交渉をおこない、月々の返済を軽くする和解交渉をしていきます。貸し借りをおこなった当人間での相談であるため、裁判と比べるとかなりハードルは低いです。もちろん、完全に個人で相談をもちかけたところで法的効力は伴わないため、弁護士を通しておこなうのが一般的です。

交渉の種には、利息制限法をもちいます。利息制限法の範囲外の金利が設定されていた場合、その分の支払いをカット、もしくは分割回数に関して猶予を設定してもらいます。適用できるのは、利息制限法で定められた利率を超えた借金に限られるため、どんな状況でも利用できるわけではないので注意してください。また借金に限ったものであり、ショッピングや車のクレジット、住宅ローンといった債務は対象外となります。

<参考記事>
一人で悩むべからず
負担の大きさで選ぶ
債務整理の種類

負担の大きさで選ぶ

裁判所債務整理の負担とは、すなわちリスクです。債務整理をおこなうと、借金の返済額、もしくは月々の返済を減額することが可能です。とはいえ、もちろんそんな虫のいい話がノーリスクでできるわけもありません。もし自由にできるのであれば、借金問題に頭を抱える人はほとんどいないのではないでしょうか。そのため、リスク面に焦点を当てた債務整理の理解が大切です。

まず、借金減額の規模がもっとも大きいものには、自己破産が挙げられます。借金問題が取り扱われるときよくもちいられる言葉なので、聞いたことがある人も少なくないでしょう。自己破産をおこなうと、何と借金額をまったくの0にすることができます。ですが反面、家財の処分や金融サービスが利用しにくくなる、また一定の仕事に就けないなど、リスク面も複数に上ります。

まったくの0にはなりませんが、少ない負担のもと借金を減らしたいなら個人再生が効果的です。裁判所への申し立てを通して、借金を約5分の1に圧縮することが可能です。デメリットとしては、裁判手続きに必要な書類収集に手間がかかる、圧縮された額を3~5年で完済しなければならないといった点です

そしてまたさらに少ない負担で債務整理をしたいなら、任意整理という手段も有効です。負担に焦点を当てるなら、特におすすめの方法といえるでしょう。次項にて、詳しく掘り下げていきます。

<参考記事>
一人で悩むべからず
任意整理という選択肢
債務整理の種類

債務整理の種類

借金を抱える債務整理と一口にいっても、種類はひとつでもありません。実は、複数の方法が用意されています。債務や収支の状況に合わせて適切なものを選ぶことにより、理想的な借金問題の解決に繋げられます。ですが反対に、債務整理手段の選び方次第では、整理というメリット以上のデメリットを被る可能性もでてきます。判断については、慎重におこなわなくてはなりません。

債務整理全体に共通していえることは、借金額の軽減が大きければ大きいほどデメリットも大きいということです。つまり、借金の負担を軽減するか、リスクによる負担を少なくするか、どちらをとるかがポイントとなってくるわけです。借金の減額と低リスク、双方を両立することは、基本的に不可能といえるでしょう。

ですが、より理想に近づけるということは可能です。最低限必要な減額度合いを考えて、できる限り負担の少ない選択肢を選びましょう。借金問題がすぐさま解決しないかもしれませんが、総合的にみたとき、メリットは大きく感じられます。

そんな債務整理の選び方を特集するにあたり、以下では債務整理それぞれの負担や、理想的な借金の軽減などについてまとめています。お金の問題が重くのしかかったとき、とにかく視野は狭くなってしまいがちです。そうなると、解決できるものも解決できなくなってしまうでしょう。だからこそ、正しい情報を頭に入れておくことが重要となってきます。以下に目を通して、理想的な借金問題の解決に繋げてみてください。」

<参考記事>
一人で悩むべからず
任意整理という選択肢
負担の大きさで選ぶ