任意整理という選択肢

お金個人再生における大きな負担として、裁判の必要性が挙げられるでしょう。裁判を経るとなると、書類準備の手間は去ることながら、精神的負担、さらには世間体までもが気になってくるのではないでしょうか。専門性の高い、気軽には利用しにくい判断かと思われます。

その点、手軽に感じられるのが、任意整理です。裁判所を通す手続きでないため、精神的負担が軽い手法となっています。具体的な流れとしては、借金業者との交渉をおこない、月々の返済を軽くする和解交渉をしていきます。貸し借りをおこなった当人間での相談であるため、裁判と比べるとかなりハードルは低いです。もちろん、完全に個人で相談をもちかけたところで法的効力は伴わないため、弁護士を通しておこなうのが一般的です。

交渉の種には、利息制限法をもちいます。利息制限法の範囲外の金利が設定されていた場合、その分の支払いをカット、もしくは分割回数に関して猶予を設定してもらいます。適用できるのは、利息制限法で定められた利率を超えた借金に限られるため、どんな状況でも利用できるわけではないので注意してください。また借金に限ったものであり、ショッピングや車のクレジット、住宅ローンといった債務は対象外となります。

<参考記事>
一人で悩むべからず
負担の大きさで選ぶ
債務整理の種類