負担の大きさで選ぶ

裁判所債務整理の負担とは、すなわちリスクです。債務整理をおこなうと、借金の返済額、もしくは月々の返済を減額することが可能です。とはいえ、もちろんそんな虫のいい話がノーリスクでできるわけもありません。もし自由にできるのであれば、借金問題に頭を抱える人はほとんどいないのではないでしょうか。そのため、リスク面に焦点を当てた債務整理の理解が大切です。

まず、借金減額の規模がもっとも大きいものには、自己破産が挙げられます。借金問題が取り扱われるときよくもちいられる言葉なので、聞いたことがある人も少なくないでしょう。自己破産をおこなうと、何と借金額をまったくの0にすることができます。ですが反面、家財の処分や金融サービスが利用しにくくなる、また一定の仕事に就けないなど、リスク面も複数に上ります。

まったくの0にはなりませんが、少ない負担のもと借金を減らしたいなら個人再生が効果的です。裁判所への申し立てを通して、借金を約5分の1に圧縮することが可能です。デメリットとしては、裁判手続きに必要な書類収集に手間がかかる、圧縮された額を3~5年で完済しなければならないといった点です

そしてまたさらに少ない負担で債務整理をしたいなら、任意整理という手段も有効です。負担に焦点を当てるなら、特におすすめの方法といえるでしょう。次項にて、詳しく掘り下げていきます。

<参考記事>
一人で悩むべからず
任意整理という選択肢
債務整理の種類